• FTSE Russellが2020年に実施した調査によると、世界のアセットオーナーの58%がスマート・ベータ戦略にサステナビリティの要素を加味すべく検討中(2019年は44%)
  • 欧州、中東およびアフリカ(EMEA)のアセットオーナーはサステナブル・スマート・ベータへの関心で先行しており、北米のアセットオーナーはこれに急迫
  • アセットオーナーは、ネガティブ・スクリーニングではなく、サステナビリティ基準に基づくウエイト調整を選好
  • サステナビリティ要素の加味を評価または実施しつつあるアセットオーナーの間では、株式(85%)、債券(58%)、マルチアセット(31%)の順に関心が高い

インデックス、データおよび分析ツールの世界的なプロバイダーであるFTSE Russellは、スマート・ベータ戦略とサステナブル投資の融合に関する調査結果、「スマート・サステナビリティ:アセットオーナーを対象としたグローバル調査の結果(2020年)」を発表しました。

FTSE Russellのサステナブル投資データ&メソドロジー部門責任者、Jaakko Kooroshy氏のコメント:
「当社が4年前にサステナブル投資について調査を開始して以来、短期間に極めて高い関心が多数寄せられ、より詳細な分析を行う必要があることを痛感するに至りました。今年の調査では、サステナビリティの要素をスマート・ベータ戦略に加味すること、すなわち当社でいうスマート・サステナビリティに対する関心が世界のアセットオーナーの間で大きく高まっていることに注目しています。これは当社顧客である投資家からの要請にも反映されており、投資家は、ポートフォリオ戦略の基盤とするため、サステナビリティ要素をこれまで以上にスマート・ベータ・インデックスに組み込もうとしています」

ロンドン証券取引所グループのサステナブル事業部門責任者、David Harris氏のコメント:
「2020年前半は新型コロナウイルスの感染が世界的な広がりを見せていること、社会的な公正さへの関心が高まっていることから、投資戦略や優先順位の大幅な見直しにつながっています。最近の出来事により、投資家は環境や社会的ファクター、国際的な協力、そして金融市場に対するこうした事項の潜在的影響をより重視するようになりました。こうした大きな変化を考慮すると、気候やサステナビリティ上の優先事項とスマート・ベータを結合させることは、アセットオーナーにとって一層重要な注目の的となる可能性があります」

世界的な増加傾向
今年は、世界のアセットオーナーの10社中7社以上が投資戦略へのサステナブル投資の組み入れを評価し、実施に移しつつあります。さらに、スマート・ベータ戦略を活用または評価しつつある世界のアセットオーナーのうち、58%はスマート・ベータ戦略にサステナブル投資の要素を組み込む予定です(2019年は44%)。スマート・ベータ戦略にサステナブル投資の要素を組み込む予定と答えた回答者の半数近くは、今後1~2年内にサステナブル投資スマート・ベータへの配分を拡大する予定であるとしています。

運用資産額の大小を問わず、アセットオーナーのサステナビリティに関する評価や採用は拡大しているものの、規模の大きなアセットオーナーほど顕著な関心が見られました。運用資産残高100億米ドル以上のアセットオーナーのうち、80%がサステナビリティの組み入れについて評価を実施したか、すでに採用しています(2019年は54%)。

依然、EMEAのアセットオーナーが先行、北米のアセットオーナーはこれに急迫
EMEAのアセットオーナーで、今年サステナブル投資を評価し、採用したアセットオーナーの割合は85%であり、北米の63%を上回る状態が続いています。さらに、EMEAはスマート・ベータへのサステナビリティの組み入れでも依然リードしており、スマート・ベータを評価または活用しているEMEAのアセットオーナーの80%超は、スマート・ベータにサステナビリティを組み入れる意向を示しています(2019年は73%)。

しかし、2019年に浮き彫りとなった地域差は縮小しています。北米では、サステナブル投資のアプローチを評価し、実施するアセットオーナーの割合が63%となり、昨年から20パーセントポイント超増加しました。スマート・ベータを評価または活用する北米のアセットオーナーのうち、スマート・ベータへのサステナビリティの組み入れを予定しているアセットオーナーの割合は、2019年の17%から、2020年には42%へと大幅に増加しています。

環境ファクターが最大の懸念材料であり、ウエイトの見直しがネガティブ・スクリーニングに取って代わる
今年は気候リスクがアセットオーナーにとっての「ホット」なトピックになっています。スマート・ベータ戦略へのサステナビリティの組み入れを予定するアセットオーナーの間では、気候リスクと温室効果ガス排出量がサステナビリティに関するテーマの上位(64%)を占めており、これに環境全般が僅差で続いています(59%)。一方、ガバナンスと社会のテーマも幅広く関心を集めています(いずれも55%)。

さらに、サステナブル投資データの最も一般的な活用方法は、構成銘柄ウエイトの調整となっています。ネガティブ・スクリーニングの活用は、2019年の64%から2020年の48%へと顕著に低下する一方、サステナブル投資基準に基づく構成銘柄ウエイトの調整という、より高度なアプローチが2019年の36%から2020年には55%に増加しています。

すべての資産クラスで関心が高まる
サステナブル投資を評価または実施に移しているアセットオーナーの間では、世界的に株式への関心が高く(85%)、これに債券(58%)とマルチアセット(31%)が続いています。債券にサステナブル投資の要素を加味する動きは、以前は株式に比べて出遅れていたものの、とりわけEMEAで加速しており、回答者の75%が現在、債券へのサステナビリティの要素の加味を実行または評価しています(北米は45%)。

2020年の調査は1月と2月に行われ、世界のアセットオーナー139社からご回答をいただきました。大半は北米(37%)、EMEA(37%)、アジア太平洋(21%)に拠点を有するアセットオーナーです。業態は様々で、政府機関(28%)、法人または民間事業会社(18%)、労働組合または業界横断型年金基金(12%)、非営利組織または大学(12%)が含まれます。その他の業態は保険会社、ソブリン・ウエルス・ファンド、医療機関、ファミリーオフィスなどです。

– 以上 –

Media contacts

Lucie Holloway (EMEA) +44 (0)20 7797 1126
Oliver Mann (EMEA) +44 (0)20 7797 1222

Tim Benedict (Americas) +1 917 582 0641
Jelena Nedelka (Americas) +1 929 228 6987

Sophie Mou (Asia Pacific) +852 2164 3267
Tina Wang (Japan) +886 2 8979 4868

newsroom@lseg.com

FTSE Russellとは

FTSE Russell is a leading global provider creating and managing a wide range of indexes, data and analytic solutions to meet client needs across asset classes, style and strategies. Covering 98% of the investable market, FTSE Russell indexes offer a true picture of global markets, combined with the specialist knowledge gained from developing local benchmarks around the world.

FTSE Russell index expertise and products are used extensively by institutional and retail investors globally. More than $15 trillion is currently benchmarked to FTSE Russell indexes. For over 30 years, leading asset owners, asset managers, ETF providers and investment banks have chosen FTSE Russell indexes to benchmark their investment performance and create investment funds, ETFs, structured products and index-based derivatives. FTSE Russell indexes also provide clients with tools for asset allocation, investment strategy analysis and risk management.

A core set of universal principles guides FTSE Russell index design and management: a transparent rules-based methodology is informed by independent committees of leading market participants. FTSE Russell is focused on index innovation and customer partnership applying the highest industry standards and embracing the IOSCO Principles. FTSE Russell is wholly owned by the London Stock Exchange Group.

For more information, visit www.ftserussell.com.

© 2020 London Stock Exchange Group plc and its applicable group undertakings (the “LSE Group”). The LSE Group includes (1) FTSE International Limited (“FTSE”), (2) Frank Russell Company (“Russell”), (3) FTSE Global Debt Capital Markets Inc. and FTSE Global Debt Capital Markets Limited (together, “FTSE Canada”), (4) MTSNext Limited (“MTSNext”), (5) Mergent, Inc. (“Mergent”), (6) FTSE Fixed Income LLC (“FTSE FI”), (7) The Yield Book Inc (“YB”) and (8) Beyond Ratings S.A.S. (“BR”). All rights reserved.

FTSE Russell® is a trading name of FTSE, Russell, FTSE Canada, MTSNext, Mergent, FTSE FI, YB and BR. “FTSE®”, “Russell®”, “FTSE Russell®”, “MTS®”, “FTSE4Good®”, “ICB®”, “Mergent®”, “The Yield Book®”, “Beyond Ratings®” and all other trademarks and service marks used herein (whether registered or unregistered) are trademarks and/or service marks owned or licensed by the applicable member of the LSE Group or their respective licensors and are owned, or used under licence, by FTSE, Russell, MTSNext, FTSE Canada, Mergent, FTSE FI, YB or BR. FTSE International Limited is authorised and regulated by the Financial Conduct Authority as a benchmark administrator.

All information is provided for information purposes only. All information and data contained in this publication is obtained by the LSE Group, from sources believed by it to be accurate and reliable. Because of the possibility of human and mechanical error as well as other factors, however, such information and data is provided "as is" without warranty of any kind. No member of the LSE Group nor their respective directors, officers, employees, partners or licensors make any claim, prediction, warranty or representation whatsoever, expressly or impliedly, either as to the accuracy, timeliness, completeness, merchantability of any information or of results to be obtained from the use of FTSE Russell products, including but not limited to indexes, data and analytics, or the fitness or suitability of the FTSE Russell products for any particular purpose to which they might be put. Any representation of historical data accessible through FTSE Russell products is provided for information purposes only and is not a reliable indicator of future performance.

No responsibility or liability can be accepted by any member of the LSE Group nor their respective directors, officers, employees, partners or licensors for (a) any loss or damage in whole or in part caused by, resulting from, or relating to any error (negligent or otherwise) or other circumstance involved in procuring, collecting, compiling, interpreting, analysing, editing, transcribing, transmitting, communicating or delivering any such information or data or from use of this document or links to this document or (b) any direct, indirect, special, consequential or incidental damages whatsoever, even if any member of the LSE Group is advised in advance of the possibility of such damages, resulting from the use of, or inability to use, such information.

No member of the LSE Group nor their respective directors, officers, employees, partners or licensors provide investment advice and nothing contained in this document or accessible through FTSE Russell Indexes, including statistical data and industry reports, should be taken as constituting financial or investment advice or a financial promotion.

Past performance is no guarantee of future results. Charts and graphs are provided for illustrative purposes only. Index returns shown may not represent the results of the actual trading of investable assets. Certain returns shown may reflect back-tested performance. All performance presented prior to the index inception date is back-tested performance. Back-tested performance is not actual performance, but is hypothetical. The back-test calculations are based on the same methodology that was in effect when the index was officially launched. However, back- tested data may reflect the application of the index methodology with the benefit of hindsight, and the historic calculations of an index may change from month to month based on revisions to the underlying economic data used in the calculation of the index.

This publication may contain forward-looking assessments. These are based upon a number of assumptions concerning future conditions that ultimately may prove to be inaccurate. Such forward-looking assessments are subject to risks and uncertainties and may be affected by various factors that may cause actual results to differ materially. No member of the LSE Group nor their licensors assume any duty to and do not undertake to update forward-looking assessments.

No part of this information may be reproduced, stored in a retrieval system or transmitted in any form or by any means, electronic, mechanical, photocopying, recording or otherwise, without prior written permission of the applicable member of the LSE Group. Use and distribution of the LSE Group data requires a licence from FTSE, Russell, FTSE Canada, MTSNext, Mergent, FTSE FI, YB and/or their respective licensors.