世界的なサステナブル投資の堅調な伸びを背景に、投資家のコア投資のベンチマークに ESG を統合する動きが加速しており、ESG投資の方針とESGを市場全体のエクスポージャーに反映させるための手段が求められています。 FTSE Japan Blossom Sector Relative Index は、セクター相対アプローチにより、基準となる親指数との乖離を抑え、企業が属するセクター内での相対的な ESGレーティングを明確にします。また、このインデックスは気候トランジション(移行)への対応も目指しており、経営品質(management quality)という観点から気候リスク管理に関する評価基準を取り入れています。FTSE Russell のインデックス・メソドロジーは、企業の開示情報と透明性の高い手法を用いながら、ESG の投資戦略への組み込みを支援します。 レーティングおよびインデックスの算出手法は、企業の ESG コンプライアンスの明確な基準を提供し、インベストメント・チェーン全体の理解と対話をサポートし、投資家の投資活動におけるスチュワードシップ活動を支援するのに役立ちます。