検索

FTSE Nomura Climate CaRD WGBI

FTSE野村気候リスク調整CaRD世界国債インデックス(FTSE Nomura Climate Risk-Adjusted Carry and Roll Down World Government Bond Index)は、代表的なグローバル国債のベンチマークであるFTSE世界国債インデックスを基本ユニバースとして、定量的に観測された気候関連の3つの指標(移行リスク、物理的リスクおよび耐性)により気候リスクの低減を目的として時価総額ウェイトをティルトさせたFTSE気候リスク調整世界国債インデックスがベースラインとなります。

さらに、本インデックスでは、各市場(国)毎の満期別セクターのウェイトにおいてキャリー・ロールダウンが最適、すなわち気候リスク調整後の時価総額ウェイトの制約と金利リスクの制約を同時に満たしつつ、キャリー(利回り)とロールダウン(債券の残存期間の短縮とイールドカーブの傾きから予想される利回り低下によって得られるキャピタルリターン)の合計が最大となるよう満期セクターが選択されています。

このインデックスは、投資適格の固定利付ソブリン債(現地通貨建て)のパフォーマンスを測定しますが、FTSE世界国債インデックス(WGBI)に組み込まれたインデックス適格債の時価総額をベースとして、各国の相対的な気候変動リスクのスコアに応じてインデックスのウエイトを調整するティルティング手法を適用しています。その際に個別の定量的気候関連ピラー3指標(移行リスク・物理的リスク・耐性)を測定した各国の相対的な気候リスク特性に応じてインデックスのウェイト調整を行うティルト手法を採用します.

利用可能なインデックス:

  • FTSE野村気候リスク調整CaRD世界国債インデックス(FTSE Nomura Climate Risk-Adjusted Carry and Roll Down World Government Bond Index (FTSE Nomura Climate CaRD WGBI)
  • FTSE野村気候リスク調整CaRD世界国債インデックス(除く日本)(FTSE Nomura Climate Risk-Adjusted Carry and Roll Down World Government Bond Index ex Japan (FTSE Nomura Climate CaRD WGBI ex Japan)

インデックスのルールはFTSE Russellからの通知とご併読ください。FTSE Russellからの通知はこちらをご覧ください。これらの通知はインデックス・メソドロジーの事前の変更について助言するものであり、変更有効日までインデックスのルールに反映されない可能性があります。これらの通知はルール変更までの期間にインデックス取り扱いの改定をお知らせすることもあります。