• FTSE Russell が今年実施した第 6 回年次スマートベータ調査によると、調査対象の機関投資 家の 58%がスマートベータ戦略を採用(2018 年比 10%増)
  • 中でもマルチファクター戦略の利用率が最もポピュラーで、採用比率はグローバルで 71%に 上昇(2018 年比 22%増)
  • 北米におけるスマートベータ戦略の採用率は 60%に上昇(2018 年比 18%増)
  • 運用資産残高 100 億ドル超のアセットオーナーのうち、58%がスマートベータおよび ESG への資金配分を増加させる予定と回答
  • スマートベータ戦略に ESG の要素を加味する予定の投資家が重視する項目はガバナンス(74%)、カーボン(66%)および社会(64%)
  • 欧州の回答者のうち、77%がスマートベータへのアロケーション部分に ESG の要素を加味することに関心を示している(2018 年比 22%増)


インデックス、データおよびアナリティクスの世界的プロバイダーであるFTSE Russellは、第6回年次グロー バル機関投資家スマートベータ調査の結果を発表するとともに、初のレポートとなる「ESGとスマートベータ:2019年アセットオーナー・グローバル調査結果」も発表しました。

Rolf Agather(Managing Director, Research & innovation, FTSE Russell)は以下のように述べてい ます: 「世界の機関投資家の間では、リスクの削減、リターンの向上、分散の強化を追及するトレンドが続いており、スマートベータの採用の追い風となっています。スマートベータに関しては、マルチファクター・インデック ス戦略がマーケットにおいて確実に支持されており、2015年以降、3倍以上に採用比率が上昇しています。ス マートベータは、マルチファクター戦略については特に、今後も持続的成長が期待されます」

David Harris(Head of Sustainable Investing, FTSE Russell)は以下のように述べています:
「とりわけ欧州においては、ESGをスマートベータ戦略に組み入れるか、組み入れる予定であることが急速に 当然のこととなりつつあります。欧州では、アセットオーナーの4分の3以上が既にESGをスマートベータに組 み入れているか、組み入れようとしています。当社はこれを『スマート・サステナビリティ』と呼んでおり、こうしたトレンドは、我々がお客様から実際にスマートベータに関する新規の依頼を受けた際の経験などから 日々肌で感じていることでもあります」

世界的な成長の持続
2019 年の世界のスマートベータ採用率は 58%と過去最高を記録し、2018 年を 10%上回りました。特に 2019 年は約 8 割(78%)のアセットオーナーがインデックス・ベースのスマートベータ戦略を既に実施して いるか、評価中であるか、今後評価予定というステータスと回答しています。さらに、欧州、北米、アジア太 平洋地域でも採用率は上昇しており、運用資産残高 10 億ドル未満、10 億~100 億ドル、100 億ドル超のすべ ての層で増加しています。

欧州のアセットオーナーのスマートベータ採用率は依然として最も高く、欧州の調査回答者の 65%がスマート ベータにすでに資金を配分していると回答しています。北米のアセットオーナーも同様で、2019 年は 60%が 資金を配分していると回答しています(2018 年比 18%増)。調査によると、アセットオーナーはますますス マートベータ戦略への満足感を示すようになってきており、長期的なトラックレコードに対する不安感は低下 してきています。回答者は、スマートベータ戦略がパッシブ戦略というよりは、伝統的なアクティブ戦略に近 いと見ています。さらに、コスト削減目的でスマートベータを採用する機関投資家数は、2014 年の 15%から 2019 年には 31%へと 2 倍以上に増加しています。

マルチファクター戦略が圧倒的に優位
マルチファクター・インデックス戦略が引き続き採用率を押し上げており、同戦略の利用者は 2018 年の 49% から 2019 年には 71%に増加しています。この増加率は 2015 年比では 3 倍以上となっており、低ボラティ リティ戦略(35%)やバリュー戦略(28%)の採用率を大幅に上回っています。さらに、過去 2 年間に初め てスマートベータ戦略を採用した 投資家の 69%は、マルチファクター戦略を利用しています。

欧州が ESG スマートベータをリード
スマートベータを評価する段階にあるか、あるいは採用中の欧州におけるアセットオーナーのうち、スマート ベータ戦略に ESG の要素を加味する予定のアセットオーナーの割合は、2018 年の 55%から 2019 年には 77%に増加しています。スマートベータ戦略への ESG 要素の加味は北米では横ばいですが、回答者はステー クホルダーからの要求がないことがその理由と語っています。スマートベータ戦略への ESG 要素の加味を予定 している回答者のうち、4 分の 3 以上が長期的なリスク回避が動機になっているとしています(昨年は回答者 の半数強)。2019 年の調査は 1 月と 2 月に実施され、世界 178 社のアセットオーナーが参加しました。参加 者の大半は北米(46%)、欧州(29%)、アジア太平洋(19%)に所在するアセットオーナーです。組織の 形態は様々で、政府機関(31%)、企業または私的事業会社(16%)、企業単独または業界横断型年金基金 (15%)、非営利組織または大学(14%)が含まれます。残りは保険会社、政府系ファンド、医療機関、ファ ミリーオフィスなどです。

– 以上–

Media contacts     

Lucie Holloway (EMEA) 
Oliver Mann (EMEA) +44 (0)20 7797 1222

Tim Benedict (U.S.) +1 917 582 0641
Laura McCrackle (Australia) +61 2 8823 3526

newsroom@lseg.com

:

FTSE Russell is a global index leader that provides innovative benchmarking, analytics and data solutions for investors worldwide. FTSE Russell calculates thousands of indexes that measure and benchmark markets and asset classes in more than 70 countries, covering 98% of the investable market globally.

FTSE Russell index expertise and products are used extensively by institutional and retail investors globally. Approximately $16 trillion is currently benchmarked to FTSE Russell indexes. For over 30 years, leading asset owners, asset managers, ETF providers and investment banks have chosen FTSE Russell indexes to benchmark their investment performance and create ETFs, structured products and index-based derivatives.

A core set of universal principles guides FTSE Russell index design and management: a transparent rules-based methodology is informed by independent committees of leading market participants. FTSE Russell is focused on applying the highest industry standards in index design and governance and embraces the IOSCO Principles. FTSE Russell is also focused on index innovation and customer partnerships as it seeks to enhance the breadth, depth and reach of its offering. 

FTSE Russell is wholly owned by London Stock Exchange Group.

For more information, visit www.ftserussell.com

© 2019 London Stock Exchange Group plc and its applicable group undertakings (the “LSE Group”). The LSE Group includes (1) FTSE International Limited (“FTSE”), (2) Frank Russell Company (“Russell”), (3) FTSE Global Debt Capital Markets Inc. and FTSE Global Debt Capital Markets Limited (together, “FTSE Canada”), (4) MTSNext Limited (“MTSNext”), (5) Mergent, Inc. (“Mergent”), (6) FTSE Fixed Income LLC (“FTSE FI”) and (7) The Yield Book Inc. (“YB”). All rights reserved.

FTSE Russell® is a trading name of FTSE, Russell, FTSE Canada, MTS Next Limited, Mergent, FTSE FI and YB. “FTSE®”, “Russell®”, “FTSE Russell®”, “MTS®”, “FTSE4Good®”, “ICB®”, “Mergent®” , “WorldBIG®”, “USBIG®”, “EuroBIG®”, “AusBIG®”, “The Yield Book®”,  and all other trademarks and service marks used herein (whether registered or unregistered) are trademarks and/or service marks owned or licensed by the applicable member of the LSE Group or their respective licensors and are owned, or used under licence, by FTSE, Russell, MTSNext, FTSE Canada, Mergent,  FTSE FI or YB. FTSE International Limited is authorised and regulated by the Financial Conduct Authority as a benchmark administrator.