検索

Green Revenues 2.0データ・モデル

環境への影響に関するバランスシート上のエクスポージャーの定量化

「グリーン」投資の定量化は長年困難でした。長い間、「グリーン」は、特定の産業分類ではなく、概念に基づいて漠然と定義されてきました。FTSE Russellは、成長を続けるグリーン経済への全体および個別企業の貢献度を正確に定量化し、モニタリングするための高品質なデータを求める顧客の要望に応えるため、測定の方法論およびプロセスを開発しました。FTSE Russellは、顧客の要望に応えるため、測定の方法論およびプロセスを開発しました。成長を続けるグリーン経済への全体および個別企業の貢献度を正確に定量化し、モニタリングするための高品質なデータを提供します。

Green Revenues 2.0

包括性 - より多くの収益分類を網羅するためにマイクロセクター数を133まで拡大した分類法で、以下のインデックスに含まれる約3,000社の企業を対象とし、グリーン活動とその活動が及ぼす売上への重要な影響に関する包括的な見解を提供します。
— FTSE Global Equity Index Series
— Russell 3000 Index

詳細性 – Green Revenuesは、推計によりデータの欠損値を埋め、データの正確性を実現します。

階層 – グリーン度を評価する指標マイクロセクターの階層的評価では、影響の程度を「限定的」、「ネットプラス」、「顕著」に分類しており、容易に評価ができます。

EUタクソノミー
EUは現在、タクソノミーを作成し、投資機関がファンドを「環境」または「サステナブル」として販売する際、定義された基準を客観的に満たすことを要求するガイドラインを定めています。 FTSE RussellのGreen Revenuesデータは、投資コミュニティがこれらの新しい基準を理解し、遵守するための包括的なツールとなります。
— 定義:「グリーン」について把握し、最新トレンドを知る
— 分析:定期的な分析と報告プロセスを開発する
— 計画:2021年12月に開始されるEU規則遵守に備える

FTSE RussellのGreen Revenues分類システム

FTSE RussellのGreen Revenues分類システム

Green Revenuesデータの詳細はこちら

お問い合わせ