検索

ESG Ratings

47ヵ国の先進国および新興国市場における7,200銘柄の環境・社会・ガバナンスのリスクとパフォーマンスを測定

概要

FTSE RussellのESGレーティングとデータモデルでは、ESGの課題に対する企業のエクスポージャーと管理について、投資家は多面的に理解することができます。ESGレーティングは、ピラーとテーマのエクスポージャーとスコアに分類できる総合評価で構成されています。ピラーとテーマは、300以上の個別調査項目の評価に基づいて構成され、各企業の事業内容に応じて適用されます。

内容および特徴

包括性
ESGレーティングはオンラインでアクセスでき、FTSE All-World Index、FTSE All-Share Index、およびRussell 1000® Indexの構成銘柄である、47ヵ国の先進国と新興国市場の7,200銘柄が含まれます。

柔軟性とカスタマイズ
データ・モデルでは、ユーザーによるカスタマイズが可能で、各ユーザーのニーズに合わせてデータをさまざまな方法で詳細に分析することができます。

マテリアリティの重視
レーティングはエクスポージャー加重平均によって算出されます。つまり、企業のスコアを決定する際、最も重要なESG課題に最も高いウェイトが置かれます。

明確なルールとデータ重視
ESGレーティングとデータ・モデルでは、企業の評価とレーティングに関するルールが明確に定義されています。出力されるのは定量的なデータであり、定性的な企業調査レポートではありません。

客観的で強力なガバナンス
ESGデータ・モデルは、投資家、企業、NGO、組合、学界の専門家で構成される独立した外部委員会によって監督されています。

持続可能な開発目標との整合性
ESGレーティングは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)との整合性を保っています。ESGフレームワーク下にある14のテーマには、SDGsの17ゴールすべてが反映されています。

esg wheel

利点

  • ESGに関するエクスポージャーの管理を支援
  • スチュワードシップの必須要件への適合
  • ESGデータの証券分析およびポートフォリオ分析への統合
  • ESGを考慮に入れた投資戦略の実行

FTSE Russellデータのライセンスについては、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ