検索

持続可能性データおよびESGデータ

持続可能な世界経済のためのデータ

20年に亘り、環境・社会・ガバナンス(ESG)データを扱ってきた経験を有するFTSE Russellは、企業の事業活動と製品に関するESGリスクおよび機会を理解するために必要なモデルとデータツールを投資家の皆様に提供しています。 

概要

ますます多くの投資家が投資判断にESG要素を組み入れており、定量的で透明性が高く、かつ数々のESG課題に対する主観性を極力排除したデータへのニーズが高まっています。  

FTSE Russellは2つの中核的なデータモデルを用意しています。ESG Ratingsデータ・モデルは事業のESGリスク、及びそれに対する企業取組みを評価します。Green Revenuesデータ・モデルは環境ソリューションを提供する製品・サービスにかかる収益を分類・測定します。 データモデルを2つに分けることで、ユーザーはESG課題が事業上のリスクあるいは製品・サービスの機会に関するものかをより明確に判断することができます。

事業上のESGリスク・エクスポージャーの管理

— (FTSE All World インデックスおよびRussell 1000インデックスを含む)7,200銘柄
— ESG課題に対する企業のエクスポージャーとその管理・取組状況を多次元で測定

4階層のデータ:
— レベル1 – 環境・社会・ガバナンス(ESG)総合レーティング
— レベル2 – 環境(E)、社会(S)またはガバナンス(G)のピラー
— レベル3 – 14のESGテーマ
— レベル4 – 300超の調査項目

Green Revenuesエクスポージャーの分類・測定

— (FTSE Global All Cap インデックスおよびRussell 3000インデックスを含む)16,000社超
— 収益総額のうち「グリーンな」製品・サービスからの収益割合を測定
— 独自の業種分類法(10セクター、133マイクロ・セクター)により、グリーンな商品、製品ならびにサービスを特定し、企業を分類

FTSE Russellのデータ・ライセンスについては、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ