検索

業種分類ベンチマーク(Industry Classification Benchmark: ICB)

注:FTSE Russellは、すべてのFTSE Russellインデックスに対して新ICBを適用する日程を延期しました。最新のタイムラインは、このページの終わり近くに表示されています。
 

業種分類ベンチマーク(ICB)は、企業を業種別およびセクター別に比較・分類するための基準として、世界的に利用されています。アトリビューション分析やパフォーマンスの測定などを行うための公式のセクター分類ベンチマークとして、FTSE Russellインデックスで幅広く使用されています。

ICBは世界中の機関投資家に広く採用されており、以下に示すように、さまざまな適用事例があります。

アセットマネージャー
セクターのエクスポージャ分析、運用戦略の実行、アトリビューション分析レポート。

データプロバイダー
業種別に企業を分類、管理、追跡できる参照データのマッピング。

証券取引所
ロンドン証券取引所、ユーロネクスト、NASDAQ OMX、ヨハネスブルグ証券取引所、SIXスイス証券取引所、イタリア証券取引所、アテネ証券取引所、キプロス証券取引所、クウェート証券取引所などの世界中の証券取引所で、上場企業の分類。


セクター分類のデータプロバイダーは、以下のような理由でICBを選択しています。

包括的な構造開発プロセス

ICBは、業界やセクターのトップクラスの市場専門家から成る独立した外部諮問委員会の支援を受けています。FTSE Russellのガバナンスプロセスを活用して、世界中の各業種の専門家による総合的な視点を捉え、洞察を得ています。

包括的で理にかなった分類法

4 階層の構造で、同種の組織を比較・分析するための堅牢なシステムを提供します。

  • 11業種
  • 20スーパーセクター
  • 45セクター
  • 173サブセクター

公平なアプローチによる企業研究

各企業は、収益源についてのデータやその他の公開情報の評価など、事業の特質を明らかにする透明性の高い調査プロセスに基づいた方法によって、サブセクターに分類されます。

  • 基本ルールで、企業の分類方法と根拠を正確に理解
  • 公開されているフォームで、既存の企業分類に対する異論を提出

 

メソドロジー、方針、その他の文書 – ICBの新たな構造

ICBの方針、プロセス、および構造は、2019年7月1日より強化されました。


の概要は、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、スペイン語の7言語でご利用いただけます。 翻訳版をご希望される方はご連絡ください。
 

FTSE Russellインデックス2020年~2021年 ICBインデックスの移行

Russellインデックスの移行

2020年9月18日(金)の株式市場終了後、新たに強化されたICBの構造がすべてのRussellインデックスに適用されます。

移行日までは、現在のRGSの構造がRussellインデックスで維持されます。

FTSEインデックスの移行

2021年3月19日(金)の株式市場終了後、半期ごとのインデックスのレビューに併せて、新たに強化されたICB構造がFTSEのすべてのインデックスに適用されます。

移行日までは、従来のICB構造がFTSEインデックスで維持されます。

プロダクトデータの移行

RGSコンプリート商品は、2020年9月まで引き続き対応し、従来のICBユニバースのファイルは2021年3月まで対応します。

ICBデータのライセンスについては、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ