検索

債券データ

FTSE Russellの債券データ・サービスは、100年以上にわたるデータ収集を通じて、お客様の金融データ・ニーズに応える迅速で正確な高品質データを提供しています。

FTSE Russellの柔軟な情報管理スタイルは、市場参加者が社債や地方債に関する情報と数字を迅速かつ正確に精査・評価できるよう、特別に開発されたものです。

FTSE Russellは、過去のデータ、現在のデータの両者について、その品質、適時性、正確性を確保すべく注力しています。すべてのデータポイントは、複数段階の厳密な検証プロセスを通じて処理されています。

1世紀以上にわたる金融情報収集の専門知識を活用し、地方債および社債のデータベースをダイナミックに精緻化し続けてきた結果、FTSE Russellは最も詳細で系統だった債券情報源の一つとなりました。

平均して毎月1,900を超える社債と12,000を超える地方債が新たに追加されています。情報には、投資適格社債、地方債、ハイイールド債、米国債、米国政府機関債、その他のソブリン債、政府債に関する詳細な条件が含まれます。データベースには、無担保社債、固定利付債、変動利付債、私募債、ミディアム・ターム・ノート(MTN)、転換証券、オプション付債、地方債が含まれます。

データセット:米国課税対象債データベース(社債)

このデータベースには、米国で発行された398,000を超える公開引受社債のほか、ヤンキー債(米国外の発行体が発行する米ドル建て証券)、国際機関債、転換社債、ミディアム・ターム・ノート、ハイイールド債、変動利付債、ESOP証券、エクスチェンジ・オファー引受債などの条件も収録されています。また、カナダの社債および国債もデータベースに含まれています。
銘柄および発行体の内容の例:
– 債券に関する全面的な説明
– 目論見書に記載された発行体名
– 償還日
– 利息起算日
– クーポン・レート
– 安全性水準(シニア、ジュニア等)
– 産業コード(SICおよびNAICSコード)
– ティッカー
– 発行体名および親子関係
–倒産および未払い利息

データセット:米国地方債データベース

このデータベースには、一般財源債から特定財源債まで、360万を超える米国地方債の条件が収録されています。これには、発行市場および流通市場の課税対象債や借換債も含まれています。
内容の例
銘柄データ - 税法、目的、安全性、資金使途、格付け一式
償還データ- 利払い日、価格、繰り上げ償還予定、減債基金
セカンダリー・データ - 全額償還/部分償還、事前積立金/事前積立金未調達データ、デフォルト

ライセンスの申込み

お問い合わせはこちら