FTSE Russellの柔軟な情報管理スタイルは、市場参加者が社債や地方債に関する情報と数字を迅速かつ正確に精査・評価できるよう、特別に開発されたものです。

FTSE Russellは、過去のデータ、現在のデータの両者について、その品質、適時性、正確性を確保すべく注力しています。すべてのデータポイントは、複数段階の厳密な検証プロセスを通じて処理されています。

1世紀以上にわたる金融情報収集の専門知識を活用し、地方債および社債のデータベースをダイナミックに精緻化し続けてきた結果、FTSE Russellは最も詳細で系統だった債券情報源の一つとなりました。

平均して毎月1,900を超える社債と12,000を超える地方債が新たに追加されています。情報には、投資適格社債、地方債、ハイイールド債、米国債、米国政府機関債、その他のソブリン債、政府債に関する詳細な条件が含まれます。データベースには、無担保社債、固定利付債、変動利付債、私募債、ミディアム・ターム・ノート(MTN)、転換証券、オプション付債、地方債が含まれます。